top of page

「した後悔」と「しなかった後悔」

更新日:2018年6月15日

みなさんも悩み事の1つや2つあるでしょう。

「本当にそれを行動に移していいのか。うまくかなかったら後悔しそうだなぁ。」


今回はこの悩みに関する有名な話を紹介しましょう。

みなさん聞いたことがある話かもしれません。


「しなかった後悔」は「した後悔」より強い




さて、これはなぜでしょうか?


「した後悔」は結末が分かるから


たとえば、ある物を買うかどうかで悩んだとき。


買った場合に後悔するなら「お金が無駄になってしまった」「結局使わなかった」などその勝った人固有の、事実としての後悔ですね。


しかし、買わなかった場合の後悔は「すごく便利で使えたかもしれないのに」「今あれが手元にあればつかえたかもしれないのに」「二度と手に入らないかもしれないのに」、お土産を買うかどうか悩んで買わなかったなら「一生の思い出になったかもしれないのに」という、成功した自分を想像することによる後悔です。「しなかった後悔」は結果が分からない分色々な展開を想像してしまうのです。

このように「しなかった後悔」は、自分の中で終止符を打てないまま成功している想像の記憶が残ってしまいます。


「した後悔」もしたばかりのときはショックも大きく「あんなことしなければよかった」と後悔しっぱなしかもしれません。しかし、時間がたつにつれて「あの失敗を乗り越えられたから今の自分があるんだ」と記憶を美化して自分の中で解釈しなおします。したがって後を引かず、次の行動に移せるのです。



ですのであなたが何か行動に移すかどうかで悩んだときは「行動する」ことが一番です。

「あなたが決めたこと」を行うこと。これがあなたにとって最善の道です。


もし「この行動の結果、みんなに嫌われてしまったらどうしよう」と考えている場合でも行動したほうがよいです。

あなたが「誰かのためになる」と思って行動するなら何も問題ありません。あなたの行動でもしかしたら10人中3人があなたを嫌ったとしても残りの7人を幸せにできているのなら問題ないのです。人数の問題ではありません。一人でもあなたの行動で救われる人がいればいいのです。


自信をもって「あなたの決めたこと」を貫き通してください。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

性格を変えたいなら、○○を変えよ

「人見知りな性格を変えたい」「つい怠けてしまう性格をどうにかしたい」 と思っている人はいますか? 今日はそういう人に、性格を変える方法を紹介しようと思います。 〇必要なのは、ズバリ「行動」である 「性格を変えよう!」と聞くと、心とか気持ちを変えることを考えるかもしれませんが、そうではありません。 性格を変えるには、普段の行動を変えることが一番です。 なぜなら、性格とは行動の積み重ねだからです! 例

ネガティブな人が成功するために

〇ネガティブな人・ポジティブな人の特徴 ネガティブな人は、成長するチャンスを逃してしまっているかもしれない。 ネガティブな人の特徴は、冷静に物事を判断できること。 これは、良い特徴とも言えるんだけど、悪く言うと「冷めてる」とも言える。 ネガティブな人は、冷めた目で見てしまうから、何か大変な課題があったときに、すぐに諦めてしまうことが多いんだ。 「こんなのできるわけない。」 「こんなことやって何にな

「先延ばし」解消法

先延ばしをしてしまった経験は、誰しもあると思う。 例えば、夏休みの課題。 始めの2週間は全く手をつけず、残り3週間になってそろそろ始めるかという気持ちになる。 だけど、遊んだり、ダラダラしたりして過ごしていた癖が抜けずに、次の1週間もほとんど進まない。 次の1週間、さすがにまずいと思って、手を付けるが、量が多すぎて終わらないことに気づく。 最後の1週間、課題を終わらせるには、答えを写すしかなくなり

Bình luận


bottom of page