top of page

なぜ小学校でシャーペンを禁止するのか

最近、中学生の授業を持つことがあるのですが、彼らとの会話をしているとよく自分が中学生や小学生だったころを思い出します。


給食のわかめご飯がおいしかった思い出や、消しかすを集めてねりけしを作って粘度のようにして遊んだり、帰りの会での「今日の良かったところ、悪かったところ」発表会、などなど、懐かしい思い出がよみがえりますね。


そんな中で「小学校はシャーペンが禁止だったよね、鉛筆じゃないとだめだった」という話題になりました。

小学生だった私は何も考えず「ダメなものはダメ」と特に気にもしていませんでした。学校の先生も「ダメなものはダメ」と理由をきちんと説明してくれませんでした。

禁止にも関わらず持ってきて没収されている友達をみて「なぜとられるのが分かっているのに持ってくるのだろうか。バカなのかな」とまで思っていました。しかし今考えれば納得できる理由が説明されてないということに対する反抗の意味も込めていたのだろうと思います。


そこで「なぜダメなのか」を調べてみるといくつか理由があるようです。

①小学生は筆圧の調整が難しく、シャーペンでは書きづらい(よく芯を折ってしまう)

②鉛筆の方が「とめ・はね・はらい」を上手に書ける

があるようですね。


これなら確かに納得できます。

(自分が考えたときには、シャーペンを分解して遊ぶ子が出てくるからだと思ってました笑)


確かに小学生のころなんかは力の加減がうまくできず、シャーペンでは芯をポリポリ折ってしまいそうなイメージがありますね。それに鉛筆の方が芯の先が整って上手に字が書けるのもうなずきます。



問題なのはこれをなぜ小学校の先生は説明してくれなかったのかですね。私の小学校の担任の先生がたまたま説明してなかっただけかも知れませんが、調べてみるといろいろな方がこれについて議論しているので、少なくともきちんと説明していない先生がいるのは事実なのでしょう。


一昔前までなら「ダメなものはダメ」でも納得させることができたかも知れませんが、今の時代ではその考え方では通用しないことが多いでしょう。

たしかに「ダメなものはダメ」という考え方も時には大切かも知れませんが、少なくとも、このように理由がありその理由が小学生にとって難しい理由でもないのですから、説明すればいいのにと思ってしまいます。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

性格を変えたいなら、○○を変えよ

「人見知りな性格を変えたい」「つい怠けてしまう性格をどうにかしたい」 と思っている人はいますか? 今日はそういう人に、性格を変える方法を紹介しようと思います。 〇必要なのは、ズバリ「行動」である 「性格を変えよう!」と聞くと、心とか気持ちを変えることを考えるかもしれませんが、そうではありません。 性格を変えるには、普段の行動を変えることが一番です。 なぜなら、性格とは行動の積み重ねだからです! 例

ネガティブな人が成功するために

〇ネガティブな人・ポジティブな人の特徴 ネガティブな人は、成長するチャンスを逃してしまっているかもしれない。 ネガティブな人の特徴は、冷静に物事を判断できること。 これは、良い特徴とも言えるんだけど、悪く言うと「冷めてる」とも言える。 ネガティブな人は、冷めた目で見てしまうから、何か大変な課題があったときに、すぐに諦めてしまうことが多いんだ。 「こんなのできるわけない。」 「こんなことやって何にな

「先延ばし」解消法

先延ばしをしてしまった経験は、誰しもあると思う。 例えば、夏休みの課題。 始めの2週間は全く手をつけず、残り3週間になってそろそろ始めるかという気持ちになる。 だけど、遊んだり、ダラダラしたりして過ごしていた癖が抜けずに、次の1週間もほとんど進まない。 次の1週間、さすがにまずいと思って、手を付けるが、量が多すぎて終わらないことに気づく。 最後の1週間、課題を終わらせるには、答えを写すしかなくなり

Comments


bottom of page