top of page

ネガティブな人が成功するために

更新日:2019年6月1日


〇ネガティブな人・ポジティブな人の特徴



ネガティブな人は、成長するチャンスを逃してしまっているかもしれない。



ネガティブな人の特徴は、冷静に物事を判断できること。

これは、良い特徴とも言えるんだけど、悪く言うと「冷めてる」とも言える


ネガティブな人は、冷めた目で見てしまうから、何か大変な課題があったときに、すぐに諦めてしまうことが多いんだ。

「こんなのできるわけない。」

「こんなことやって何になるの?」

みたいな感じだね。



一方、ポジティブな人は「私ならできる」と考えて、挑戦する。

はじめは失敗するかもしれないけど、そこから学んで、また挑戦する。

その結果、大成功したりするわけだね。


今回は、ネガティブな人が挑戦して、大成功するための方法を紹介するよ。




〇違うのは「説明スタイル」


人間は物事に対して、無意識のうちに説明をつける。

この説明の仕方を「説明スタイル」というんだ。



実際に例を見てみよう。

--------------------------------------------------

例) 悪いことがあったとき


・ポジティブな人

「失敗したのは、自分のせいじゃない。」

「悪かったのは、今回だけだ。次は大丈夫。」

「今回は原因があって失敗した。それがなければうまくいく。」


・ネガティブな人

「自分のせいで失敗した。」

「悪いことはこれからもずっと続くんだろうな。」

「こんなの、失敗するに決まってる。」


--------------------------------------------------


ポジティブな人は、かなり都合よく解釈することがわかるね(笑)。

ただ、この都合の良い説明スタイルによって、挑戦する意欲が湧いて、諦めずにやり通すことができるんだ。




〇説明スタイルを変えるために


ネガティブな人は、まず説明スタイルを変えてみよう!

意識するポイントは、次の3点。



1.本当に自分だけのせいか


自分を責めすぎないこと。

一部は自分のせいかもしれないけど、ほかの原因もたくさんあるはず。



2.失敗を恐れすぎない


悪いことがずっと続くわけがない!

だって、毎回失敗する確率ってすごく低いでしょ。

「次は成功できるかもしれない」と思うことが大切。



3.失敗・成功の原因を考える


失敗には、原因があるはず。

ネガティブな人は、物事を冷静に考えることができるから、

その分、物事の原因を考えるのは、ポジティブな人より得意だ。

原因を突き止めて、1つ1つ対処していけば、次はうまくできるよ。




〇まとめ

・ネガティブな人はチャンスを逃がす可能性が高い

・説明スタイルを変えて、挑戦するモチベーションを上げる


<数理進学予備校イーズ WEBサイト>

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

性格を変えたいなら、○○を変えよ

「人見知りな性格を変えたい」「つい怠けてしまう性格をどうにかしたい」 と思っている人はいますか? 今日はそういう人に、性格を変える方法を紹介しようと思います。 〇必要なのは、ズバリ「行動」である 「性格を変えよう!」と聞くと、心とか気持ちを変えることを考えるかもしれませんが、そうではありません。 性格を変えるには、普段の行動を変えることが一番です。 なぜなら、性格とは行動の積み重ねだからです! 例

「先延ばし」解消法

先延ばしをしてしまった経験は、誰しもあると思う。 例えば、夏休みの課題。 始めの2週間は全く手をつけず、残り3週間になってそろそろ始めるかという気持ちになる。 だけど、遊んだり、ダラダラしたりして過ごしていた癖が抜けずに、次の1週間もほとんど進まない。 次の1週間、さすがにまずいと思って、手を付けるが、量が多すぎて終わらないことに気づく。 最後の1週間、課題を終わらせるには、答えを写すしかなくなり

絶対続く!モチベーションの作り方

こんな経験はないだろうか。 ・次の単語テストに向けて、単語を100個覚えなくてはいけないが、単語帳がなかなか進まない。 ・数学の問題を1問解いただけで、満足してしまい、それ以上解くのが嫌になる。 ・自習中になんかぼーっとしてしまう。 やらなくてはいけないのは分かっているんだけど、なんかやる気が出ない。 ”モチベーションが上がらない”と悩んでる人は結構いるのではないかな。 今回はモチベーションが上が

Comentarios


bottom of page