勉強効率をMAXに!アクティブラーニングのすすめ Part1

1. 正しい勉強法とは


勉強法についてネットで調べると、「東大生おすすめ!」みたいなタイトルで、たくさんの勉強法が出てくる。

やっぱり、東大生におススメされると、とっても効果がありそうに聞こえるよね。

だけど気をつけなきゃいけないのは、「これらの方法が、すべて正しいという訳ではない」ということ。


たまたまその東大生に合っていただけかもしれないし、

そもそも頭が良いから、効率が悪いやり方でも成功してしまったのかもしれない。



では、「正しい勉強法」とは何か。

それは、実験によって「多くの人に効果がある」と実証された勉強法のことなんだ。


例えば、1000人を対象にした実験によって、900人に効果があると実証されれば、

これを読んでいるあなたにも、効果がある可能性は高いよね。

でも、「私はこのやり方でうまくいきました」って言われても、

他の人がそれをやってうまくいくかどうかは分からないんだ。


ここでは、実験によって、科学的に正しいとされた勉強法を紹介するよ。

勉強のやり方で悩んでる人、もっと効率よく勉強したい人は、ぜひ取り入れてほしい。




2. 正しい勉強法に共通すること


正しい勉強法に共通していることが、1つだけある。

それは「アクティブラーニング」を使っていることだ。


そのまま訳せば、「能動的な勉強」ということになる。

あとは、「アウトプットを主体とした勉強」と言い換えてもよいかな。


能動的に勉強するほうが、受け身な勉強よりも脳が活性化されて、

より頭に入りやすいんだ。

まあ能動的にやる方が頭に残りやすいのは、感覚的にも納得できると思う。



受け身な勉強の例

・授業を聞く

・板書をノートに写す

・参考書を読む


おなじみの勉強法だけど、「受け身」という点であまり良くない。




それでは、具体的にどう工夫すればよいかどうすれば「能動的な勉強」にできるかは、次回の記事で紹介することにしよう。




3. まとめ


①本当に正しい勉強法とは、多くの人を対象とした実験によって、科学的に証明された方法のこと。

②科学的根拠に基づいた「アクティブラーニング」を勉強に取り入れよう。


<数理進学予備校イーズ WEBサイト>

ひたち野うしく校

竹園校

梅園校

春日校

守谷校

イーズ予備校

6回の閲覧