同時に複数の作業はしてはいけない

最終更新: 2018年6月15日

多くの作業を並行して行うことを「マルチタスク」と言います。


たとえば、勉強しながら音楽を聞いたり、勉強しながらLINEをチェックしたり、勉強しながらスマホをいじってしまうことです。


このようなマルチタスクは作業の効率を下げるだけでなく、日常的に行ってしまうと「飽きやすく」「集中しづらい」脳になってしまいます。



これは実験によって科学的に証明されている事実なのです。


被験者たちを「マルチタスクを日常的にする人(A)」と「マルチタスクをしない人(B)」に分けたうえでテストを行うと、Aの「マルチタスクを日常的にする人」たちの方が成績が悪かったそうです。


この実験からマルチタスクは、脳の機能を鈍らせていることが分かります。

マルチタスクは一見、多くの作業に目を通して行うので、脳を鍛えることにつながりそうですし、集中力が分散されるので長く作業ができそうですが、実際は全くの逆です。事実は、途中で色々と脇道にそれることですべての作業が中途半端になりかえって時間がかかり、集中できなくなってしまうのです。しかも、肝心な勉強だけではなく、日常生活における集中力までもがどんどん鈍ってしまいます。




なのであなたが日常的にマルチタスクを行っている場合は改善すると、結果的に作業効率が上がって、いいことずくめかもしれません。


勉強しながらスマホを見てしまう人は

「何があってもこの課題が終わるまでは見ない」

と心がけてください。並行してだらだらやっていても効率が悪くなってしまいます。

また、「終わるまで見ない」のように考えることでご褒美と考えることができるのでより集中して勉強ができるはずです。


勉強するときは、脇目もふらずに勉強しましょう。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

【化学】苦手を克服!勉強法教えます!

「学校で習ったけど、いまいち理解できなかった。。」 「定期テスト対策、何しよう???」 こう思っている人向けに、定期テスト勉強法を教えます! 〇おすすめ参考書 学校の教科書は最低限のことしか書いていないので、 教科書とは別に分かりやすい参考書があると便利です! おすすめ: 1.「岡野の化学が初歩からしっかり身につく 理論化学(1)」 2.「橋爪の基礎から劇的!にわかる 理論化学の授業」 3.「鎌田