理解の3段階

最終更新: 2019年6月1日



HPを移行しました!

今後はこちらでブログを書いていくので、

是非読んでくださいね!


現在、イーズひたち野の高3数学クラスでは、


国立2次試験対策をしています。


あと数回で終わりになっちゃうね。頑張っていこう!


直前対策で扱っている問題は・・・・

1:解法への発想が必要な問題

2:典型パターンを組み合わせた問題

3:パターンが隠された問題


どれも大事なこの3パターンで、

これらを1つ1つ解説しています。



その授業はもちろん、イーズの授業の中で

もっとも大切にしていることの1つは、


「生徒の理解」である。



実は、ひとえに「理解」といっても


3段階存在することを知っているだろうか?


これを知ることで今の自分の「理解の深さ」を把握できる。


【理解の3段階】


1段階:わかる!!!


2段階:解ける!!!


3段階:説明できる!!!


それぞれ理解の深さは20%→50%→90%


ぐらいの割合。


ここでわかることは、授業中に「ふむふむ納得した。」


と思っても、理解はたった20%。


そのあと問題演習をして、やっと50%


それでも50%は理解できていないということなんだ。


うーん、なかなか理解は難しいね。



そこで大切になってくるのが


3段階目の「説明できる」である。


自分が理解したことを口に出して説明すること。


ちゃんと理解していないと


順序立てて整理しながら説明することはできないんだ。


昔の学者もこう言っている。


「理解していないことは人に伝えられない」


まさにここが大切なポイントである。



イーズの少人数授業では、授業の中の質問、対話を通じて


理解の深さを100%に近づけることをしている。


具体的には、生徒に質問をして、生徒に答えさせる、説明させる。


これを繰り返すことでより深い理解を得ることができるんだ。


つまりは・・・・伸びるということ!



みんなも理解の最終段階「説明できる」で


100%理解に近づけるようにしよう!!

49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ対策について

こんにちは、イーズひたち野うしく校の高橋諒介です。 先日、牛久市のコロナ対策補助金でお高い空気清浄機を買いました。 その空気清浄機を買った際、日本感染症対策協会に加入させていただくことができました。 そしたら、コロナ対策専用のHPを作っていただけたので、紹介ようと思います。 HP:https://www.kantaikyo.or.jp/s/ehyr/00011211 私達が何をしているかがわかりや

【過去問解説】2020筑波大〔数学〕

Aレベル → 教科書例題レベル~教科書演習問題レベル ・問題集の例題のような易しい問題 ・教科書の演習問題のような基本的な問題 ・入試でよく見かけるありきたりな典型問題 Bレベル → 入試標準レベル(教科書発展問題レベル) ・頻出ではなくとも基本的な手法で解ける問題 ・工夫が必要な問題だが誘導が丁寧な問題 ・理解力が問われる問題 ・計算がやや煩雑な問題 Cレベル →入試発展レベル ・工夫が必要で自